2010/10/17

Hippie

15歳ぐらいから外国のサブカルチャーにはまりだして
当時は情報も殆ど無く、洋書を探してそこから想像を膨らませていた
でかい本屋はもちろん、レコード屋、怪しいブート屋、古本屋から図書館まで
何かありそうな所は片っ端から回って。
たった一ページの写真を見つけただけでも嬉しかった
そんな事をしてきたからか?好きなんで店にも色んな本を置いている
最近じゃそんな中でお客さんからしたら???なものまで
たとえば「Hippie」という本。
全然興味無くても「ヒッピー」という言葉ぐらいはみんな聞いたことあるでしょ
真新しいところじゃ38TimezVol27である女性が特集されている
それを読んだとき、さすがやね~サンパチはやっぱりいけてると嬉しくなった
オレは別にヒッピーでも無ければ
その思想や生活に憧れているわけでもないし
どちらかと言うと正直どうなの??と思うことも多いかな?
特に自由とドラッグをごちゃ混ぜにして
ドラッグを美化しているのはFxxKやね~
ただ60年代~70年代はほんと激動の時代だったと思う
日本も同じで学生運動や暴走族が盛んな時代
思想がどうの社会主義がどうのといったことじゃなくて
とにかく人のパワーが凄い
若者達が本気で世の中を変えようとしていた
本気で反逆していた時代
LOWRIDERやKUSTOMが一番成長した時代でもある
LOWRIDERのペイントもサイケデリックな当時の影響が強いんじゃ?
わかんないけどね。。
ただカリフォルニアと一言で言っても
その中には沢山の文化や歴史がある
ヒッピーがカリフォルニアのカルチャーとは言い切れないけど
深く係わっているのは事実
その当時の若者達が少なからず影響受けたり
逆に嫌ったり、見てきた事も事実
イージーライダーに代表されるように
バイカーと深い繋がりがあるのも事実
結局掘り下げていくとね
避けて通れないんですわ~
俺もよく理解してるわけじゃないし
きょうみある人は軽く触れてみるのも
えぇんちゃいまっか??




0 件のコメント:

コメントを投稿