2010/12/07

初めて憧れた人はのっぽさんでした

仲間から頼まれてたパーツが届いたんですが
うっかりガスケット頼むの忘れてました
これのガスケット一枚の為に数十ドルの送料は払ってられません
なんで作ります






ガスケット作る用のシート、こんなのがその辺に売ってます。



形を写すのにスタンプ使って


スタンプはキレイに写りにくいのでペンでなぞれる所は全てなぞっていきます



こんな感じ~。。これ見るとスタンプ意味無いようですが重要なんです




周りははさみでカット。
中はカッターで。。
ボルト穴はポンチ使います。カットは焦らずに。





ボルト穴の大きさを決めて仮止め、これ重要
余分な部分をカッターやヤスリなどお好きな道具使ってきれいに整えて完成です


やる気になれば誰でも出来ます。



その昔、所有していた1947年BSA C-10



ヘッドガスケットが銅板だったんでホームセンターで銅板買って作ってました



作るのが面白くて必要ないのに何枚も。。



結局フルセットが手に入ったんですが比べてみると



分らないぐらいの出来だったのが嬉しくて。。


無いのが当たり前


手に入ったらラッキー


直す&応用する&作るという事


そこから気が付いたことが一つ


コレって一番無駄ないエコに繋がることじゃないの?





オーバーホールよりアッセンで交換の時代



ディーラーに車出したら何でもアッセンで交換


たかがゴム一つで


オーバーホールしてまだまだ使えるのに


エコだの言っときながら、ディーラーのやっている事、なんかおかしくないですか??



エコカー売っているからってエコしているとは限らない


洗脳って怖いよ


メディアって怖いよ


あなたが信じている事


その根拠はどこから??


自分の経験が一番信用できるってことですね


ガスケット一枚作っただけで


いったい何の話や。。。


















無いもの作る、応用するの第一歩
お試しあれ。。。


































































0 件のコメント:

コメントを投稿