2011/12/31

ありがとう御座いました

今年は自分にとっても大きな変化の年でした。

皆様に支えられて今年も1年過ごすことが出来ました。

心から感謝しております。

本当にありがとう御座いました。



PEACE

STEEZ
164

2011/12/30

Mas que nada



Throw Your Hands In The Air

変態の為の変態SHOP


地デジの時代に映らないTVを探している
そんなあなたの
STEEZで御座います。


みんな3バーだし。。
そんな
変態の為の
STEEZで御座います。


コレ見て懐かしいと思ったあなた
10年前のL.A知ってます
そう、売れ残りです
変態さん
いらっしゃ~い

FREE

大掃除していたお隣さんから
タダでゲット。ラッキー!



ベール缶一杯の大量のプラモデル用塗料
こちらはまとめて誰かあげます
欲しい人は取りに来てください

2011/12/27

年末年始の営業

今年も残りあと僅か!

皆さん風邪などひかず良い新年を迎えてくださいね。

今年の営業は30日まで。

新年は3日から営業いたします。

初売り3日から8日までは

全品20%OFFの初売りセールで御座います~。

宜しくお願い致します。

2011/12/26

夢の島

私は好きな映画はDVDを買う派です。

観たい時に観たい、何度も何度も繰り返し観ます。

よく飽きずにみれるなぁと自分でも感心するほど。

中には完璧に台詞を覚えてしまった映画もあります。

映画に限らずドラマでも車関係でもなんでも気に入ったものは買います。

だから店でもDVDを販売しています。(あまり売れませんが。。)

映画のDVDを買うとよく特典映像がついてきます。

とくに邦画は必ずって言えるほど付いてきます。

それがまた楽しみでもあるんですが、ある映画の特典映像で出演者さん同士で

インタビューというか雑談?の映像が付いていました。

その中である俳優さんが休みが取れると海外旅行に行く話をしていて

その理由が「早くしないと無くなっちゃう」から

どの国もとくに街中は近代化が進みどこも同じ風景になってきている。

たしかにそうですね、日本も同じだし。。

そこで私の数少ない旅行経験の中で一番印象に残っているとこが

フィリピンのボラカイ島という島。

小さな島で一言でいうならば秘境。

そう、私が行った頃はまだ開発もあまり進んでおらず

ちょっとしたぷちウルルン滞在期でした。

もちろんリゾートホテルはすでに存在していましたが

それもホテルというよりゲストハウス的な雰囲気で、ジャングルの中に

コテージが点在しているような感じ。ほんと夢の島でした。

島に行くにもまずマニラまで飛んで、国内線に乗り換えて小さな町に行き

そこからバスで1時間以上、山道を走り。。

それも何処かの国(もしかして日本?)から買った中古のバスで

ガラスにヒビ入ってるわ、がけ崩れでガードレールが落ちている道を

平気で猛スピードで走るわ、運転手はぞうりで汚い短パン、Tシャツ姿。

このまま何処かに売られに行くんじゃねぇかと思うような。。(笑

もちろんちゃんとした旅行会社のパンフレットに載っていたんですが。

(載っていたと言っても最後のページに超小さく載っていた)

そこに行く旅行者もごく僅かで、少し不安になりながら着いた所は

船を停める桟橋も無い小さな港?

壊れかけの汚い小屋のトイレがあるだけで、そこには大勢の男達が私達を待ち構

えていました。後から聞いた話だと、みんな職が無くマニラから出稼ぎに来ている男

達らしいです。大人からまだ少年までが、オレにやらせろ!と言わんばかりに着い

た旅行客に群がり現地の言葉で荷物かせ、ここで待ってろとほとんど

強引に誘導され、「えっ!まじですか」と目を疑うほどの小さくベニアで造ったような

手漕きボートに旅行者を隙間無く詰め込み、荷物は彼等が頭の上に乗っけて

海面から10センチほどしか浮いていないボートを数人が押しながら、少し沖に停泊

しているエンジン付きの船(日本でよく見かける小さな漁船、ポンポン船ぐらいのこ

れまたいつ停まってもおかしくなさそうなボロさ)まで行き、乗り換えて既に肉眼で確

認出来る程の近さにあるボラカイ島にようやく上陸。

上陸と言っても、遠浅の海岸で船を着ける桟橋も無いため、途中まで行くと

船長の「さぁ降りろ」の合図でそのまま海にドボン。。ヒザ上までの深さしかないの

で後は自分で荷物を濡れないように担ぎ歩いて上陸。

こんな旅行パックありか~!!

と思いながらも結構楽しい。全てが初体験の驚きでした。

そこから今度は、幌付きの荷台に硬い長いすが付いただけの軽トラに乗せられて

舗装なんて無のほとんどジャングルの中を、ガタガタ揺れて頭打つは椅子から落ち

そうになるわで叫んでいる旅行者の声を無視にひたすら進む。

ジャングルの中には原住民の住居が転々を姿を現し始め、雨が降ったり止んだり

のあいにくの天気が続いていたので下水なんて全く整っていない島では、所々雨水

が溜まり、池のような水溜りがそこらじゅうに点在していて原住民の住居が(住居と

いっても小屋。失礼。。)浸水している所も沢山ありました。

スタックするんじゃ?と心配になるような泥の道を10分程走ると、木々の隙間から

コテージが見えてきてようやく到着。

到着するとアロハシャツを着た日本語が上手で、気さくなおねぇさんがお出迎え。

ホテルと言っても平屋のコテージが天然のヤシの木の間に数棟点在していて

小さなプールとロビーの建物(これも平屋でレストランも一つだけ)がジャングルの

中を切り開いて建てられていました。

部屋はどれも3~4人は泊まれる広さで入り口には6畳ほどのデッキがあり天然の

ヤシの木を利用してハンモックが掛かっている。

どこまでがホテルの敷地か分らないようなジャングルの中のオアシスって感じ!

敷地を抜けると信じられないほど真っ白な砂(サンゴか?)と

青い海が長く続くビーチ。お土産屋なんて無く、ただ自然のビーチが広がるのみ。

時々現地の人が木彫りの置物やアクセサリーを

何処からともなく歩いてきて笑顔でふっかけてくる。

ホテルの従業員からは相手にしちゃだめと忠告されてたけど、しつこいけど嫌な人

じゃなかったんで適当に相手して暇つぶしに付き合ってもらいました。

そしたら次の日はもっと大きな木彫りの船を持って来ていて、私を見つけると笑顔で

寄って来てしつこく売りつけてきました。

それでも買わないので、しまいに一緒にビーチに座り込み意味の分らない言葉どう

しで適当にあいづち打ちながら話してました。

小さなボートでクルーズしながら、シュノーケリングが出来る別のビーチに行くツアー

がありましたが従業員からダメだと言われているのに、その辺で声掛けてくる若者

のボートに乗って島の周りをクルーズしてもらい、小さなビーチまで連れて行っても

らうと、そこには僅かな旅行者が、シュノーケリングで魚を獲って楽しんでいました。

たぶんオーストラリア人だったんじゃないですかね。。

乗せてもらったボートは2人の若い男性が操縦していて、一人は20代位で一人は

まだ少年でした。二人とも見るからに貧しいいでたちで、2人に限らず

多くの人が白目が黄色く、充血していました。栄養不足なのか、病気なのか。。。

結局ホテルが薦めるツアーと同じことをホテルより安くすんだんで

ラッキーだったんですが、こんな勝手な行動が事故や事件に繋がるのか?

反省はしませんでしたが無事でよかったです。

実際ボートを操るのに長い竹の竿を使っていたんですが

その時少年がミスって竿を海底に挟んでしまい、取ろうと焦ったのか今度は足をボ

ートに挟み怪我して血が滴っていました。。

兄貴?の方はそれをみてムッとしていましたが

私たちの不安そうな顔を察知したのか叱ることも無く

何言ってんのか分りませんでしたが、一言二言少年に何か言ってから

後は無言でボートを操縦していました。

その後の少年の申し訳なさそうな顔ときたら。。

(少年も今では大人になって立派な船頭になっているのか??)

テンションもガタ落ちなんで、その後はすぐに引き返しましたが。。

そんなこんなで、特別観光する所もなく、ジャングルと海以外何もなく、一度だけ歩

いてホテルの敷地の外に出ましたが、道が恐ろしくぬかるんでいて

歩けたもんじゃない。日本で暮らす自分には信じられない原始的な生活をしている

原住民の鋭い眼光が気になりすぐにホテルに戻りました。

現地の人達の現実と、遊びに来ている優雅な自分達の現実。

複雑な気分でしたね。。。

ただ綺麗な海とビーチ、ジャングル、夕日と綺麗な月。

それはほんとうに夢の様な世界が広がっていました。

何も無いから良かったんでしょうかね。

当時、既に私が滞在したホテル以外にも

リゾートホテルが存在していたのかもしれませんが定かではありません。。

帰国してから知ったことなんですが、私が行く数年前まではなんの開発も無く原住

民だけが暮らす島で、よそ者といえば唯一バックパッカー達が水を持参してビーチ

でテントを張って焚き火をして過ごしていた、旅人にとって夢の島だったらしいです。

私が行った時でもホテル意外は水道も下水も電気も無い、

原始的な暮らしを強いられていた島でした。

ところがその島も今では立派なホテルが立ち並ぶ立派なリゾート地と化している。

旅行者が大幅に増え町ができて道が整備され、ビーチが汚れ問題になっているそ

うです。確かにまだ島に行くには船で渡らなければいけませんし、私達からすれば

原始的?なのかもしれませんが、今のボラカイ島をネットで調べてみたら私が見た

ものとはほど遠い光景の画像ばかり。

十年そこらでここまで変わってしまうのかと驚きました。

現地の人からすれば生活も楽になり良い事も多いと思うし

変わらないでほしいのは、何でも揃った世界で生活している私たちの

勝手な願望かもしれませんね。

お金を稼ぐことは悪い事ではありません。

でもなんか悲しい気持ちになった自分勝手な私がいます。

そんな変化の発端になったのがあの時島に渡った自分でもあるんですが。。。

「ほんと早くしないとなくなっちゃう」

旅好きの俳優の言った言葉が身に染みます。

私たちが行くから変わっちゃうんですけどね。

なんか複雑です。。。

写真は適当にパクリました。すんません
なんと私は一枚も写真が無いので。

2011/12/21

シフトノブ

ビアサーバーノブ、ドアノブもいいけど
こんなハンドメイド物(From U.S.)もカッコイイかと思います。
TOPにはVintageのコイン
(Vintageじゃないコインも御座います)
知った上での外しの美学
自由な発想
センスとスキル
KUSTOM&LOW RIDERの魅力ではないでしょうか。
私はそんなセンスもスキルも持ち合わせておりませんが。。

2011/12/20

90's


この空気、めっちゃなつかしいんですけど

憧れたなぁ

バカだったなぁ

でもそれがあったから学べたなぁ

憧れたってことは平和だという証拠

こいつらにとっちゃ遊びじゃないしね

ここに映っているヤツの多くが死んだか捕まったんだろうな

生きのびてまともな生活掴んだヤツは一握りだろう。。

それが現実。

でもカッコイイよなぁ

そんなふうに思える自分て

平和で幸せなんだぁ。。。


2011/12/17

最近、話題に出ないので書いてみました

心の中で継続してますか?

震災のこと、原発のこと。

学無いんで難しいことは解らないけど

福島の米は安全ですと言ってる芸能人もいるみたいですが

今の段階で安全の保証なんてありえない。

太平洋で採れる海産物も食えないよ。

年月が経って一人も犠牲者が出なかったら

はじめて食の安全が保証されるんじゃないでしょうか?

東北の農家や漁師を助ける気持ちはわかるけど

私達がそれを食べることが正しいことなのでしょうか。

無責任かもしれないけど私はそうとは思わない。

下手すると全国に犠牲者を増やす可能性があるのでは?

国は新しい戦闘機買うぐらいなら

その人達の支援にまわそうと思わないのか?

東電の社員も生活があると思うけど

ボーナス貰うのはなんかおかしいと思う。

そして今、ほんとうに考えなければいけないことは

未来のある子供たちのことだと私は思います。

自分達に出来ること

続けてますか?

継続は力なりです。

子供たちのために未来のこと考えていますか?

自分は一人身だしいつ死のうがいいんだけどね。

TVも写らないし、国がどんな情報流しているのか

知らないし、知りたくもないけど

とにもかくにも

未来のある子供たちを守りましょうよ。

原発無くすのは難しいことかもしれないけど

原発なんて無いほうが安心して暮らせるに決まってる。

危険と引き換えに便利さ手に入れるぐらいなら

不便でも安全で、安心手に入れるほうがよくないですか?

日本の技術があれば出来ると思うんだけどね。

結局、原発あったほうが儲かる人達が金握ってて

この国支配しているんですかね。。。

今の日本の指導者達は国民の本当の「幸せ」がなにか

見失っていると思う。

2011/12/13

3LA MoNaコラボ

3LA MoNaコラボで御座います。
京都を代表する有名人お二人さん
いい写真です。
沢山の写真の中からSTEEZっぽいってことで2人で選んでくれたそうです。
この写真で家が建つぐらいBIGになってくださいね(笑

真面目に
3LA、MoNaありがとね
大切にします。


2011/12/10

やっぱり映画万歳

またまた映画の話です。
相変わらずTVは写らないので
家でなにしてるかと申しますと本読むかDVD観るかのどちらか。
正直、うちのお客さんの好みからは外れたジャンルの映画ばかりで
共感しあえる人がいないのも事実です。。。
好きなものは好きなんでまったく気にしてませんが
相変わらず変態だなぁとかる~く流してくださいませ。
感想も私一個人の勝手な感じ方なんで
あまり参考にはならないと思います。
興味を持って観てもらえれば嬉しゅう御座います。
ハリウッド映画は皆さんよく観ていると思うで
あえて邦画中心で御座います。






自分世代には懐かしく面白い映画
バンドやってる人、やってた人は是非

ガキの映画とバカにしちゃいけません
まさしくオヤジの映画
私が生きてきた時代より、もうすこし昔の設定ですが
懐かしく笑える映画
京都が舞台ってこともあるんですけど。

漫画は読まないので原作は知らないんですが
とにかく笑った。
まちがってもレディと観てはいけません。


私、生まれて初めてファンになった女優が聡美ねぇさんでして
ファン暦かれこれ約30年
キモイと言われようが、なんと言われようが外せません。
主演、脇役関係なく出演作品は映画、ドラマ関係なく
ほぼチェックしております。
それがきっかけで観るジャンルの幅が広がり
普通ならスルーするような作品も良さが分るようになりました。
この作品は私と同世代の女性をターゲットにした作品ですが
なぜか霞澤花子企画の作品が好きでして
たぶん全部観ている。
この映画の良さと聡美ねぇさんの才能が分る人
今まで私の回りには一人も居られません。。(悲)
演技力と空気感が最高なんですけどねぇ。


これも同じ
こんな母親、女性いるよなぁと
なぜか惹かれるものがある
男目線だからでしょうかね。
普通の母親なら共感できないと思うんですが。
「めがね」もそうなんですが製作の軸になってる人達がみんな女性。
今まで男の世界だった映画界ですが
最近は女性が活躍しています。
男には出せない描写や女性ならではの価値観など
今までの日本映画とは一味違う。
それと、何よりも五感で感じる映画は何度も観てこそ見えてくるものがある
まぁ、こういった作品ははっきりと好みが分かれますが
少ない台詞には重みがあります。

普通によくある話
だからこそ観ていて癒され、切なくもある
そんな作品


これは韓国映画ですが
とにかくリアルで主役が良い
最近のアウトロー作品の中でナンバー1です。

正直若い人には興味ない作品ばかりかと思います。
かなり偏った好みの分かれる作品ばかりだと思います。
私の完全趣味の世界なんで
観てつまらん、などの苦情はお受けできませんので
ご了承くださいませ。

2011/12/07

年に一度の大切な時間


ホットロッドショウ、凄かったです。
前日早朝から横浜入りして十二分に楽しませていただきました。
写真は一枚も撮ってませんが(いつものことなんで)。

ショウ終了後、私は一人残り千葉の友人宅でもう一泊。
友人三人と深夜まで話し込んで気絶。


朝起きて窓を開けると、ハイ快晴!

気温も暖かく外の空気がきもちいい。
外でにゃんこ達と遊んで癒されて



美味いもの食いに行って


絶景眺めて


その後東京駅まで送ってもらい
銀座のネオンを車から眺めて帰りました。

年に一度、普段会うことの出来ない友達と
ゆっくり過ごす大切な時間で御座います。。


2011/12/01

パラレルワールド

パラレルワールドを信じますか?

私は信じてませんが、存在したらおもしろいなぁと空想はします。

自分達が生活している世界とは別のもう一つの世界。

時空を越えてそんな世界に行った夢を見ました。

ドラえもんの世界に入った感覚でした。

のびたもジャイアンも出てきてませんが、

とてもリアルで不思議な世界でした。



空想は、知識よりも重要である。知識には限界があるが、
空想は世界すら包み込む

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことだ

アインシュタインの言葉です。



空想ほど自由なものはない
空想することによって想像力がかきたてられる
「夢」はそこから生まれる

「夢」は追いかけている時が一番楽しい

これ、私の言葉(恥)。。