2012/06/14

ON THE ROAD



ビート文学(ビートジェネレーション、ビートニク)を代表する作家
ジャック ケルアック原作で代表作「On The Road」が映画化されて話題になってます。
2010年頃から既に映画化が決まり
映画、小説ファンの間で話題になってましたが、ついに完成!
これは日本でも上映されるでしょう。
されなきゃ日本はアホです。
40年代後半~50年代にかけて
ジャック ケルアックがアメリカ、メキシコを旅した自伝小説

Wikipedia参照
ビート・ジェネレーション(英: Beat Generation)は、1955年から1964年頃にかけて、アメリカ合衆国の文学界で異彩を放ったグループ、あるいはその活動の総称。ビートニク(Beatnik)と呼ばれる事もある。
生年でいうと、概ね1914年から1929年までに生まれた世代に相当する。
第一次世界大戦から狂騒の20年代までの時代に生まれた世代である。


「ビート・ジェネレーション」という語は、1948年前後に「ニューヨークのアンダーグラウンド社会で生きる非遵法者の若者たち」を総称する語として生まれた。1952年にニューヨーク・タイムズ誌に掲載された、小説家のジョン・クレロン・ホルムズのエッセイ『これがビート・ジェネレーションだ(This is the Beat Generation)』と、彼の小説『ゴー(Go)』が、この語が一般のメディアに出た最初で、この言葉を思いついたのはジャック・ケルアックだといわれる。
初期は、主にハーバート・ハンクルの一味を指し、「人生に疲れた奴ら(tired)」や「どん底人生を送る奴ら(down and out)」という負の意味しか持たなかったが、後にジャック・ケルアックが、「アップ・ビートで行こうぜ!(upbeat)」、「幸せをあなたに!(beatific)」、「ノリノリだぜィ(on the beat)」と正の意味をもたせるようになった。
最盛期にはジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグそしてウィリアム・バロウズを初めとする「ビート・ジェネレーション」の作家たちは多くの若者達、特にヒッピーから熱狂的な支持を受け、やがて世界中で広く知られるようになった。またポエトリー・リーディングの活動も有名である。





0 件のコメント:

コメントを投稿