2013/02/12

尾道

珍しく先輩が連休だということで

私の独断で広島は尾道まで日帰りの旅へ

どうしても尾道の朝の風景が見たくて

宇治を深夜3時に出発

大体3時間半で着くところをのんびり4時間かけて

思惑通り、最高の朝を尾道で向かえることができ

運転の疲れもぶっ飛んだ。





少しのんびりした後、そろそろ気合を入れてお散歩へ

散歩するのになぜ気合?

尾道初体験の先輩は私の言うことが、いまいち理解出来ないようでしたか

散歩というより入山!って感じです。



迷路のような細い路地は半端無い坂道、石段。。

そしてその光景はタイムスリップしたかのような、不思議な町に迷い込んだような。。

私は22年ぶりでしたが、変わってしまった所も沢山ありましたが

でも、やはり尾道は尾道。あの不思議な空間は変わっていない。

良い意味で若者が増え

過疎化の進む町に新しい活気が少しずつ芽生えてきている。

その昔は多くの文学者達を魅了し愛され

今では多くの芸術家や若いアーティスト達が尾道に魅了され。。

先輩も想像以上だったようで、家に帰ってからも興奮冷めずといった感じ。



猫が多い事でも有名で、

絵から飛び出してきたような100点満点の野良猫達にも癒されますよ。。




尾道は最高です。。


2 件のコメント:

  1. おおっ、ネコ
    撮影しに行きたいっすなぁ!
    しかし、尾道と書かれて『ビドゥ』と読んでしまったワタクシはヨロン病っす( ̄∇ ̄;)

    ビドゥ:与論駅からフェリーターミナルに続く崖の道

    返信削除
    返信
    1. Toshi君>ビドゥって読むほうが難しいで(笑)尾道はきっと気に入りますよ~!!どこ見ても絵になる風景、時間の流れもゆっくりで、また若い人達やアーティストが集まって来ているのも魅力の一つ。あそこのネコ達がまたほんと野良なの??って感じ!きっと良い写真撮れますよー!

      削除