2014/02/13

1994年 秋

来月の3月31日、ちょうど私の父の誕生日、アメリカのロックアーティスト、ボブディランが来日する。私はボブ ディランには特別な思い出がある。

1994年、秋。
小さな判の捺された手紙が届いた。
それは、シャバの世界から隔離された、自由を奪われた世界から送られてきた印。
同じ空の下、しかし自由を奪われた世界。
大きな失敗を犯した男から送られてきたものだった。
内容はあまり覚えていないが、頼みごとが一つ書かれてあった事だけは忘れられない。
「ラジオから流れてきた曲の歌詞が知りたい。」
そこに書かれていた曲名は、ロックの神様と崇められているボブ ディランの名曲
「Like a Rolling Stone」だった。
当時の私はボブ ディランの名前こそは知っていたが、その曲もボブ ディランすら聴いたことが無かった。
さっそく私はCDショップに出向き、日本語訳が付いている日本版のベストを買った。
その詩は上流階級の女の転落を通じて、虚飾に満ちた生き方からの脱却を説く、そんな歌詞だった。

その歌詞を読んだとき、彼の心に重く圧し掛かる絶望という重圧が少しだけ分かった気になった。パクられたこともない私には、想像は出来ても到底彼の気持ちを理解する事なんて不可能だった。
もっと勇気づけられる歌詞だったら良かったのに。
理解の出来ない私は、きれい事のようにそう思った。
その歌詞を手紙に写し、思いつくかぎりの励ましの文章と、その時頭によぎったブルーハーツの歌詞を書き加えて、手紙を投かんした。

それが私とボブ ディランとの出会いだった。
それから私にとってボブ ディランは人生をも左右する存在になった。

過去というものは人それぞれの思い出と過ぎた時が混ざり合い、心の中に深く刻み込まれている。
月日と共にその思い出も薄れ、普段は思い返すことも無く日々の生活に追われているが、けして忘れたわけではない。

私は今でもこの曲が聞こえてくる度に、もう二度と受け取りたくない手紙と共に

1994年の秋の日にフラッシュバックする。



0 件のコメント:

コメントを投稿