2015/07/07

美の国は道徳の世界より広大である

内容から日本で公開されるはずもなく
DVDも販売されていない。
私はDVDを海外から取り寄せて購入しましたが
某動画サイトに全編UPされていて、今なら観ることが可能です。
念のため、違法だということは言っておきますが、、

2007年、カンヌ映画祭にドキュメンタリー部門に出品され
カンヌのレッドカーペットを現役のやくざの組長が歩いたことも快挙と言えよう。

監督はフランスのジャン=ピエール.リモザン、フランス映画である。

ドキュメンタリー部門に出品された作品ではあるが、
実際はカチンコも使ってある程度のシナリオを組んで作った作品で、
ドキュフィクションという表現がされている。

途中で出てくる銭湯のオヤジさんの息子?がラッパーで
所々に彼等のRAPシーンがあり、それが日本人が撮る作品ではまず無いであろう。
そこを???と思う人も多いと思うが、私は逆に外国人監督らしさでもあり嫌いではない。


ヤクザ映画ではあるが、暴力シーン、罵声等は無くヤクザの日常が綴られて
私達が日常で忘れた大切なモノを伝えているかのような作品。

もちろん賛否両論があって当然の作品ではあるが、
現代社会の中で私達が学ぶべきことがあるのも事実だと感じる。

映画の最後にラッパーの若者が話す
「美の国は道徳の世界より広大である」と言う言葉がとても印象的であり
正にそのとおりだと。。

美というものはけして見た目の美しさだけではなく、善悪のあるものでもない。
目を背けたくなるようなモノの中にこそ「美」が存在する。

ヒロトが歌った「ドブネズミみたいに美しくなりたい」のように。。

隠れた名作
「YOUNG YAKUZA」
是非一度、ご覧下さい。







2015/05/16

人間交差点

北九州、小倉のライブハウスで出会ったバンド「KLAXION」

聴くのも見るのも初めてで、知りもしなかったバンド。

観ているうちに自然と身体が身震いしだし

ラストの曲の頃には暴れていた。

演奏後、ボーカルのブラウンという男に声をかけた。

その男は愛想がよいわけでもなかったが、けして無愛想でもなく

どちらかというと人見知りな感じだった。

それが余計に魅力的でもあった。

その後、DJタイムを楽しんでる時、切らした酒を買いにカウンターに向かうと

彼が一人で酒を飲んでいた。

酒をオーダーし、出来上がるまでの間、彼と言葉を交わした。

彼は自分から名を名乗るわけでもなく、ただ酔っ払いのオレの話に

受け答えする程度だったが、最後にはお互い名前を告げて握手をかわし

オレはその場を離れた。

彼が帰り際に俺の所にやってきて彼等のCDをプレゼントしてくれた。

後日、そのCDを聴きながら歌詞を読んだ。

世の中への不満の中に愛があり、ポジティブでもある文学的な歌詞

コテコテのハードコアパンクな身なりでもなく、荒くれな印象もない

そんな彼が普段どんな音楽を聴いているのか?

どんな本を読んでいるのか?

どんな映画を観ているのか?

なにを考えているのか?

そんなことに興味を持った。

どこかでまた出会うことがあるのか

もう二度と出会うことはないのかもしれないが

もし再会する時がきたら、また声をかけてみよう。

「100冊の本を読むより、1人の人間と話をしろ」

その言葉の意味を感じた。



鬼畜外道が舵をとる、世の中ろくなもんじゃねぇ

それでも朝日は昇る、世の中捨てたもんじゃねぇ


そう歌える彼の心に愛を感じる。














2015/04/08

Jesse James

アメリカ南部、伝説のアウトロー

彼を中心としたギャング団はアメリカ初の銀行強盗団として有名で

1866年2月13日に世界ではじめて銀行強盗に成功

貧しい人々の味方でもあったことからアウトローの英雄として

古くから彼の事を歌い継がれている

アメリカのブルーグラス、カントリー、フォーク、オールドタイムなどは

コード進行が同じで似た曲が沢山存在する

それをもとにした日本のフォークソングもまた

ルーツはアメリカ









When I'm Goneが原曲と言われている日本の名曲がこの2曲









歌詞もまた社会に向けたレベルソング

そして今の時代も歌い継がれている